REAR37号掲載!執筆者、野中祐美子

0

    REAR37号「詩歌句のしかく」

     

    REAR37号

    2016年6月25日発行 本体450円
    ISBN978-4-907210-37-3

    ○特集「詩歌句のしかく」
    ・恒常性を引き上げる―手と眼と歌  インタビュー:吉増剛造
    ・ちょうど良い詩がちょうど良い媒体に発見されていない  阿部嘉昭
    ・いま、叙事詩は可能か?  建畠 晢
    ・一九二九年の「言葉」と「イメージ」  速水 豊
    ・詩画論の余白に――西脇順三郎、瀧口修造、飯田善國  野田吉郎
    ・西脇順三郎断章  天野一夫
    ・記号とイメージ、そして言語  高島直之
    ・北園克衛の詩と像について  野田尚稔
    ・パンくず、涙、斜めからの光、もしくは詩的実体としての美術について  福田尚代
    ・沈黙と空白、あるいは言葉のパラドックス―福田尚代とジョン・ケージ  西村智弘
    ・新・方法主義の宣言と作品  中ザワヒデキ
    ・誤読する方法  松井 茂
    ・土の深浅  倉石信乃
    ・木石散華 ―たたいた音が跳ね返ってくること  奥脇嵩大
    ・吉増剛造、サンパウロでアロルド・ジ・カンポスに会う  土肥秀行
    ・詩歌をひらく  豊泉 豪
    ・コトバという函をめぐって  対談:野口あや子×天野天街
    ・詩の虚像を超えて  荻原裕幸
    ・私のなかの「春日井 建」  木本文平
    ・歌人山中智恵子の〈伊勢の闇〉を巡って  衣斐弘行
    ・ペットボトルを補充してゆく―短歌の現在  加藤治郎
    ・俳句のススメ  上池直美
    ・ポエトリーラップ入門編と見出される演劇性  平井寛人
    ・短歌批評会&ポエトリーライブ レポート  森竹 舞

    【批評】
    ・アート、地域、プロジェクト それを評するのは誰か  中村史子
    ・アートをめぐるネゴシエーションの現在――「名前に反対」展と《渋家》にみる“炎上するコミュニズム”  F. アツミ
    ・抜け殻と奈落 豊田市美「時と意識―日付絵画とコレクション」を見て  林 道郎

    【レビュー】
    ・森羅万象―大小島真木+津田隆志―現代美術in豊川  楠本亜紀
    ・山水の構造「山口啓介|カナリア」  中井康之
    ・生誕百年記念 井上有一  花里麻理
    ・ポジション2016 アートとクラフトの蜜月  高橋秀治
    ・撮ることと、それを拒むこと 圡方宏史『ヤクザと憲法』  越後谷卓司
    ・煎茶―山本梅逸と尾張・三河の文人文化―  伊藤大輔
    ・あいちトリエンナーレ地域展開事業「となりの人びと―現代美術in春日井」  田中由紀子
    ・第8回円空大賞展 森羅万象宿精霊  平林 恵
    ・スペインの彫刻家 フリオ・ゴンサレス展  副田一穂
    ・少年王者舘 第38回本公演「思い出し未来」  吉永美和子
    ・ダンスとラップ 島地保武×環 ROY『ありか』  山川 愛
    ・吉田喜彦とうつくしいものたち  土田眞紀
    ・平川典俊 Tamashi-no-Shonin  鈴木俊晴
    ・山城知佳子『創造の発端―アブダクション/子供―』  佐藤雄二
    ・八島正明展  浅野泰子
    ・櫃田珠実展 漂う・世界 風景/静物  笠木日南子
    ・ファン・デ・ナゴヤ美術展2016「新ナゴヤ島」  山本さつき
    ・佐野友美展 ハッピーデーズ  原 舞子
    ・APMoA Project, ARCH vol.18 水戸部七絵「DEPTH-Dynamite Pigment」/水戸部七絵「DEPTH-Tranquil Pigment」  野中祐美子
    ・突き抜けた向こう側に目をむける 鈴木広行-Time Layers-  廣江泰孝
    ・版表現の試みと絵画との境界 伊藤里佳-the secret place-  日沖 隆
    ・堀江良一展〜木版画・油彩画・ドローイング〜  栗田秀法
    ・BATIK 黒田育世レパートリーダンス公演『ラストパイ』、『テトラへドロン』より抜粋  能勢陽子
    ・MAT Exhibition vol.1 ペーター・フィッシュリ/ダヴィッド・ヴァイス、毛利悠子「THE BEGINNINGS (or Open-Ended)」Part 2  新見永治
    ・サウンドパフォーマンス・プラットフォーム2016  安野太郎
    ・篠原芳子展「熾」  可児光生
    ・佐藤小夜子DANCE LABORATORY2016公演「そこを右に曲がると… いや左かもしれない」  吉田悠樹彦
    ・3rd「碧南ビエンナーレ」  鈴木敏春
    ・鈴木雅明展「screen」  森本悟郎
    ・高田裕大「Under The Ground」  千葉真智子

     

    http://2525kiyo.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/rear37-0387.html


    新世代への視点2016 水戸部 七絵 MITOBE Nanae Exhibition

    0

      新世代への視点2016
      水戸部 七絵 MITOBE Nanae Exhibition

       

      会期 
      2016年7月26日(火)−8月6日(土) 
      休廊日:日曜日 
      開廊時間:午後1時ー6時

       

      アーティストトーク
      野村和弘 × 水戸部七絵 7/26(火)18:00〜

       

      会場
      gallery 21yo-j
      〒158-0082
      東京都世田谷区等々力6-24-11
      TEL:03-3703-7498
      FAX:03-3701-9977
      mail gallery21yoj@gmail.com
      HP  http://www.gallery21yo-j.com


      APMoA Project, ARCH vol.18「 DEPTH - Dynamite Pigment - 」 愛知県美術館 [愛知芸術文化センター10階] *同時開催「 DEPTH - Tranquil Pigment- 」 florist_galleryN

      0



        APMoA Project, ARCH vol.18 
        「 DEPTH - Dynamite Pigment - 」

        会期:2016/1/3(日) − 2/28(日) 
        会場:愛知県美術館 [愛知芸術文化センター10階]展示室6 

        所在地: 〒461-8525 愛知県名古屋市 東区東桜1−13−2
        開館時間:10:00−18:00 
        金曜日は20:00まで
        休館日:月曜日

        イベント: 2016/ 2/13(土)
        ア―ティスト・トーク(作家と学芸員による対談) 
        イベント会場:愛知芸術文化センター12階
        http://www-art.aac.pref.aichi.jp/

        APMoA Project, ARCHとは、2012年度から始まった、愛知県美術館の学芸員と作家との協同によって作られる展覧会です。
        作家の表現活動をサポートし、美術館、鑑賞者の架け橋となることを目指してARCH(アーチ)と名付けられました。 私の個展を担当するのは愛知県美術館学芸員の副田一穂氏で、これまでvol. 4の奥村雄樹展、vol. 9の山内崇嗣展、vol. 11の末永史尚展を企画しています。 会期中には副田氏との対談も行い、美術関係者だけでなく幅広い美術ファンにも興味関心を持たれる様な展覧会を目指します。メイン会場は愛知県美術館のコレクション展の1部屋となります。


        また愛知県美術館では、「ピカソ、天才の秘密 」展を開催しております。 
        是非、この機会に合わせてお楽しみお楽しみください。
        http://www.chunichi.co.jp/event/picasso2016/


        この企画に関連して同時期にflorist_galleryNで個展を開催いたします。


        同時開催 

        「 DEPTH - Tranquil Pigment- 」

        会期:2016/1/16(土) − 2/14(日)
        会場:florist_galleryN 
        〒464-0816 名古屋市千種区鏡池通3−5−1
        TEL/FAX 052-781-0081
        回廊時間:13:00~20:00
        (展示期間中のみ開館) 
        休廊日 :水(Wed)・木(Thu)

        イベント:オープニングレセプション

        http://www.f-g-n.jp/

        こちらは日本のコンテンポラリーアートを世界に発信するギャラリーとして2008年に設立され、設計は谷尻誠氏が行い、建築物としても注目を集めているギャラリーです。 コミュニケーションのプラットフォームを提供する、名古屋における重要なスペースの一つです。


        「赤いコルパー」 TIME & STYLE MIDTOWN

        0

          野村和弘テキスト集、インスタレーション作品を扱ったカタログ冊子「笑う祭壇2」出版記念レセプションの伴い、「赤のコルパー」と題した美術展に賛助作家として出品いたします。
          出版記念レセプションと美術展のオープニングを兼ねたパーティーでは、言葉によるパフォーマンスも披露される予定です。ぜひ、お楽しみください。
          お誘い合わせの上、ふるってのご来場をお待ちしています。




          「赤のコルパー」展

          「赤のコルパー」出品者
          柴田健治、武田航太、戸田拓、永田洋平、野村和弘、橋本玲美、藤原大典、水戸部七絵、宮島達男、谷地田圭

          会期_2015年8月29日(土)ー 9月27日(日)
          出版記念レセプション_2015年8月29日(土)18:00〜20:00
          開場時間_11:00 〜 21:00 無休

          会場_TIME & STYLE MIDTOWN
              〒107-0052 
              東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア 3F

           

          「赤のコルパー」

          診断は、こうだった?美術には幻想がなくなって、死に体となってしまった。もう、無理なんじゃないかと思う(と、耳にされたとしても、嫌ですねー、何と大げさな、でも逆でしょ、むしろどんどんと浸透して広がりを見せてますよ、最近は誰もが、現代美術という呼び名を知ってるし、トレンディーな雑誌も見てくださいね、アートのある生活が頻繁に特集されているでしょ、コレクターさんもたくさん登場してますよ、と呆れられて、オチなのかも知れないけれど)。たとえば、ピンク色の身体(赤のコルパー)が存在するとして、底腫れの症状が隠せなくなってきたのか(ちょっと若返ってすら、映りかねない?)、病状が回復に振れて、血の気が戻ってきたのか、どっちなんだろう?あり方が似ているものには、注意が必要とされる(最初は、違和感?何かが違う?と感覚できないことには、始めようがないのだとしても)。その反対に、成り立ちが似ていて、あり方の違うことだってあるんじゃないか?少なくとも、このような見極めを、簡単にしてしまおうとする働きには加担すべきではないだろう(腫れが何だろうが、今がステキなら、それ以上は問わないことにしようという誘惑に駆られそうだ)。それが、始まりだった(だとすれば、新しい共同体や、ちゃんとしたことを教えてくれる学校が必要なのではないか?教えてもらいたいと思ったら、退場!仕切りたいと思ったら、退場!秘密結社的でありながらも、入会の儀式もない。入会者ではない人が、入会者だったりもする)? ( 野村和弘 )


          月刊美術2015年5月号巻頭特集「これからの洋画」に掲載されました。

          0

            月刊美術2015年5月号巻頭特集「これからの洋画」に掲載されました。

            美術専門誌、月刊美術2015年5月号『これからの洋画』に掲載されました。
            是非ご覧くださいませ。


            月刊美術2015年5月号
            《巻頭特集》これからの洋画

            具象へのゆるぎない挑戦
            ●part1 本格洋画の14人
            溝部聡/竹原祥司/寺久保文宣/山田真二/蛯子真理央/弓手研平/柳瀬雅夫/大橋みやこ/柏本龍太/土井久幸/杉山優子/山内大介/吉住裕美/張麗寧
            ●part2 洋画の新興勢力!
            全国の新拠点発の10人
            広島市立芸術大学 大路誠/大谷郁代
            佐賀大学 本木ひかり/牧弘子/甲斐有加里
            九州産業大学 中原未央/吉井宏平
            長崎美術学院 田中宏治/立石真希子
            倉敷芸術科学大学 吉中裕也

            洋画の未来形11人
            厚地朋子/大久保如彌/桃田有加里/太田侑子/佐藤未瑛/水戸部七絵/柴田七美/朝倉優佳/福本健一郎/富田直樹/川田龍

            《春の団体展レビュー》
            第70回春の院展/第91回白日会展

            《展覧会プレビュー》
            笠井誠一/藤田潤/浅野信康

            好評連載
            絹谷幸二「絵空事なればこそ」
            稀人エバレット・ブラウン 美出る国をゆく
            本江邦夫の「今日は、ホンネで」  池田清明(洋画家)
            日野原重明「アートで生き生き」
            アトリエ冩眞
            五味文彦
            撮影:山下武

            http://www.gekkanbijutsu.co.jp/backnumber/2015%E5%B9%B45%E6%9C%88%E5%8F%B7%E5%B7%BB%E9%A0%AD%E7%89%B9%E9%9B%86%E3%81%AF%E3%80%8C%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E6%B4%8B%E7%94%BB%E3%80%8D/

            ■最新号・バックナンバーのご購入・定期購読に関するお問い合わせ
            実業之日本社受注センター  ☎048-478-0203


            | 1/7PAGES | >>