山田はるかpresents 「16人の若手作家たち」展

0

     

    山田はるかpresents
    「16人の若手作家たち」展

    2012年5月26日(土)〜6月5日(火)
    定休日水曜日
    26日18:00〜オープニングパーティー


    書肆 啓祐堂 / 啓祐堂ギャラリー
    http://www.keiyudoh.com/index.html
    都営地下鉄 浅草線 高輪台駅 下車 A1出口徒歩3分
    JR品川駅下車 高輪口 徒歩10分


    初日の5月26日18:00〜ささやかながらオープニングパーティーを開催予定です。
    お食事、お飲物を用意してお待ちしていますので、気軽にお越し下さいませ。
    (entrance free)


    【参加作家】

    安東和之
    伊藤和代
    ルミ子
    100
    大槻英世
    河地貢士
    shiorikawamoto
    小林由実
    TEQUILA SISTERS
    ドキドキクラブ
    B0-JW.
    増田ぴろよ
    水戸部七絵
    山田はるか
    梨乃
    Raretruths


    山田はるかさんのお誘いで、グループ展に参加いたします。
    油絵から写真作品、映像作品、漆作品やTシャツ、テキスタイルグッズ販売までバラエティに飛んだグループ展です。
    様々に活躍する若手作家たちの作品をギュギュッと詰め込んだ空間・啓祐堂ギャラリーまで是非足を運んで頂けると嬉しいです。
    皆様のお越しお待ちしております!

    「460人展」

    0
      この度、愛知県で開催される460人展を企画・出展いたします。是非、ご高覧下さい。


      「460人展」

      開催日程: 2012年5月2日(水)〜5月6日(日) 
      開催時間: 9:30(初日13:00)〜19:00(最終日17:00まで)
      入場料金: 無料 
      展覧会場:
      名古屋市民ギャラリー矢田 第1〜第7展示室
      愛知県名古屋市東区大幸南1丁目1-10 カルポート東
      http://www.bunka758.or.jp/
      主 催: 460人展実行委員会 
      助 成: 公益財団法人 朝日新聞文化財団 
      後 援: 名古屋造形同窓会

      公式HPhttp://460nin.digiweb.jp
      お問い合わせ: 460nin@gmail.com 

      ◎460人展とは? 

      この展覧会は、美術家のみならず、批評家、学生、ギャラリスト学芸員といった、日ごろは作品制作や発表をする機会があまりない方々にも参加を募り、アーティスト達と同じ空間、同じ条件で作品展示を行います。

      展覧会名そのままに、国内最大規模の参加人数を誇る展覧会です。会場となる市民ギャラリー矢田は、名古屋ドームからほど近いアクセスの良い立地にあります。会期中はギャラリー全室を貸し切り、ジャンルに制限を設けない形で平面から立体、映像作品など 1,000点以上の作品が展示空間を埋め尽くしていく予定です。 

      本展の先駆けとなる企画として私たちは、2008年に「99人展」という展覧会を同じ会場で開催し、参加者96人、約200点の作品を集め、期間中は900人超の方々にご来場いただき大変好評を得ることが出来ました。 
      今回の「460人展」ではさらに前回の規模をスケールアップさせ、充実した展示内容にしていきたいと考えております。 

      また、会期中はゴールデンウィークと重なるため、日替わりでパフォーマンスやワークショップを開催し、子どもから大人まで美術に関心を持つすべての人々を巻き込みながら楽しめる、開放された展覧会を目指します。 

      質量ともに前代未聞!この春最高のアートの祭典となるであろう「460人展」を、是非ともご高覧下さい。


      CHOCOLATS DES FUCHU 2012 〜府中の味〜

      0

         CHOCOLATS DES FUCHU 2012 〜府中の味〜

        [会期]
        2月25日(土)- 3月17日(土)
        14:00 – 18:00
        開催日:木・金・土曜日
        レセプション: 2月25日(土)18時 – 21時頃

        [アーティスト]
        秋山幸、今井俊介、今村仁、大久保亜里、O jun、大槻英世、岡野智史、
        小川梨乃、門田光雅、キサカミオ、木下令子、木村俊幸、五嶋英門、
        玉井健司、佐藤万絵子、柴田ジュン、進藤環、高橋大輔新関創之介、
        塙将良、藤原優子、馬渡吟治郎、水戸部七絵、村上綾、村上郁、山田はるか


        [会場] LOOP HOLE
        183-0022 東京都府中市宮西町1-15-13
        tel/fax: 042 401 1633
        email: loop@loophole.jp
        URL: studioloophole.com


        CHOCOLATS DES FUCHU 2012 -The taste of Fuchu-
        February 25 (Sat) – March 17 (Sat)
        14:00 – 18:00
        Open on Thursday, Friday, Saturday
        Reception: February 25 (Sat) 18:00 – 21:00

        Miyuki Akiyama, Shunsuke Imai, Jin Imamura, Ari Ookubo, O Jun, Hideyo Ohtsuki, Satoshi Okano, Rino Ogawa, Mitsumasa Kadota, Mio Kisaka, Reiko Kinoshita, Toshiyuki Kimura, Hidekado Gotou, Takeshi Tamai, Maeko Sato, Jun Shibata, Tamaki Shindo, Daisuke Takahashi, Sonosuke Niizeki, Masayoshi Hanawa, Yuko Fujiwara, Ginjiro Mawatari, Nanae Mitobe, Aya Murakami, Kaoru Murakami, Haruka Yamada



        Access to LOOP HOLE!!!

        新宿から京王線特急準特急でたったの20分!

        南口改札を出て右手に進み、つきあたりの出口から出ます。階段を降りるとケヤキ並木に出、その向かい側が当ギャラリーのある国際通りです。
        または、



        Access to LOOP HOLE is easy!!! Only 20 mins from Shinjyuku.

        4 mins walk from Keio Line Fuchu Station.
        or
        10 mins walk from JR Line Fuchu Honmachi Station.


        3331 アンデパンダン・スカラシップ展 vol.2

        0
          3331 アンデパンダンスカラシップ展 vol.2

          日程: 2012年01月07日(土)〜2012年01月29日(日)
          備考: オープニング・パーティー:2012年01月07日(土)18:30-20:00 *参加無料。どなたでも参加できます!
          時間: 12:00-19:00
          備考: 最終入場30分前
          休み: 火曜日
          料金: 無料
          会場: 1F メインギャラリー 


          アーティスト:伊藤大朗(八谷和彦 賞)、川瀬知代(松蔭浩之 賞)、木森恵子(中村政人 賞)、Sonopuro-Nopuro(椹木野衣 賞)、Hi!LEG(オーディエンス 賞)、三木麻郁(四方幸子 賞)、水戸部七絵(O JUN 賞)、山田はるか(五十嵐太郎 賞)

          広く市民に解放された芸術・創造の場を目指す3331では、誰でも出品できるオープンなフェスティバル「千代田芸術祭」を開催しています。アートシーンの未来を担う新たな才能を発掘・支援すべく、「3331 アンデパンダン」にて、ゲスト審査員による投票を行い8名のアーティストが選出されました。今後の活躍が期待される新進気鋭作家たちの新作発表の場に、ぜひご期待ください。

          [詳細はこちら]
          http://www.3331.jp/schedule/001338.html

          ご清覧のほど、お願い申し上げます。

          【イコノフォビアー図像の魅惑と恐怖ー】「florist_gallery N」にて

          0
              この度、『イコノフォビア』展が、名古屋市千種区の「florist_gallery N」にて、再び開催されることになりました。
            小品が中心となりますが、作家によっては本展に出品していない作品も展示いたします。

            【イコノフォビアー図像の魅惑と恐怖ー】
            2011年12月10日(土)〜12月23日(金)12:00〜20:00
            (休廊日12/14、12/17、12/20、12/21)入場無料
            会期中は休廊日が通常と異なります。ご注意ください。
            12月10日(土)18:00〜オープニングパーティ
            12月23日(金)18:00〜クロージングパーティ

            【出品作家】
            阿部大介/池奈千江/鷹野健/高橋耕平/田口健太/坂本夏子/二艘木洋行/水戸部七絵/qp
            【コンセプトメイキング】
            筒井宏樹

            詳細は下記の「florist_gallery N」公式サイトをご覧ください。
            http://www.f-g-n.jp/

            また、現在展覧会の記録集を作成中です。詳細は後日、イコノフォビアの公式サイトにてお知らせいたします。

            「密度II」

            0
               

              「密度II」

              8月のアートラボあいち(ALA)のオープニングに合わせて開催していた密度Iに続くグループショーです。
              前回が愛知県立芸術大学の在校生と卒業生による平面作品の展示だったのに対して、今回は名古屋造形大学卒業生による平面作品の展覧会を行います。

              出品作家:
              荒川朋子、打田宗平、神田京子、斎藤大二、塩原友佳、鈴木貴博、田島圭、茶谷麻里、細川貴恵、水戸部七絵、山下拓也
              会期:2011127日(水)〜201219日(月・祝) 11:00〜19:00
              休館日:月曜日と火曜日(祝日は開館)年末年始[12/26(月)〜1/6(金)]
              場所:アートラボあいち 
              2
              主催:あいちトリエンナーレ実行委員会
              企画:拝戸雅彦(愛知県国際芸術祭推進室主任主査愛知県美術館主任学芸員)
              協力:はち

              アートラボあいち http://www.artlabaichi.com

              「イコノフォビア―図像の魅惑と恐怖―」

              0


                「イコノフォビア-図像の魅惑と恐怖-」

                会期: 2011年11月29日(火)-12月4日(日)10:00-18:00
                 (12月2日(金)は20:00まで、最終日は16:00まで)

                会場:愛知県美術館ギャラリー G1、G2室
                 〒461-8525 名古屋市東区東桜1-13-2
                 ・地下鉄東山線・名城線「栄」駅、名鉄瀬戸線「栄町」駅下車。オアシス21を経由し徒歩3分
                 ・有料駐車場あり(愛知芸術文化センター地下)
                  愛知県美術館公式サイトはこちら http://www-art.aac.pref.aichi.jp/


                出品作家
                 阿部大介/池奈千江/鷹野健/高橋耕平/田口健太/坂本夏子/二艘木洋行/水戸部七絵/qp
                コンセプトメイキング
                 筒井宏樹

                〈イコノフォビア〉とは、〈イコン=図像〉と〈フォビア(恐怖症)〉を組み合わせたことばです。〈イコン〉とはもともと「類似」を意味するギリシア語eikónを語源とし、西洋中世時代にキリスト教の「聖像」を指して以来、久しく「ポートレート」や「イメージ」と関連することばとして使われてきました。さらに現在では、コンピュータ画面のなかの「アイコン」、またゲームやアニメ、顔文字などの「キャラクターアイコン」に至るまで、このことばは幅広く使用されています。

                 このような〈イコン〉は人々を魅了する作用があるがゆえに、しばしば恐怖の対象ともされてきました(プラトンの芸術嫌悪、イコノクラスム、ファシズムのメディアプロパガンダ、ポロックの抽象画…etc)。〈イコン〉はそれが像として現れるや否や、人々の記憶を横断し、占有していきます。〈イコン〉に取り憑かれ、思考停止する恐怖がその裏側には秘められているのです。

                 本展覧会「イコノフォビア―図像の魅惑と恐怖―」では、そうした厄介な産物である〈イコン〉をあえて創出する9名の作家たちを紹介します。イメージに取り憑かれて思考停止に追い込まれるか、それともイメージを操作することで想像力をかき立て、思考を働かせる契機とするか。彼らによる〈イコン〉の使用方法をご覧いただければと思います。

                「イコノフォビア-図像の魅惑と恐怖-」公式サイト
                http://iconophobia.net


                『SHIFT←311』

                0
                  ART CAFE G-BOX オープニング企画
                  『SHIFT←311』



                  日程:2011年10月1日(土)〜11月13日(日)
                  時間:PM1:00~PM8:00
                  定休日:月曜日(月曜祝日の場合、火曜日休み)

                  場所
                  〒732-0822
                  広島県広島市南区松原町10-3フルフォーカスビル5F
                  TEL:03-3660-0306(東京本社)/080-2334-0306(広島直通)

                  WEB:http://www.artcafe.co.jp/gbox.html

                  出展作家
                  アメリタ・マチルダ・フランク・ムニョス
                  O JUN
                  小左誠一郎
                  椛田ちひろ
                  苅谷昌江
                  ジャンボスズキ
                  高橋大輔
                  福川淳
                  水戸部七絵


                  企画・キュレーション:仲世古佳伸 
                  テキスト http://www.artcafe.co.jp/gbox3.html

                  運営・プロデュース:(株)アートカフェ

                  遠方ですが、お近くにお越しの際は是非ご高覧お願いいたします

                  「千代田芸術祭 2011 アンデパンダン 展」

                  0
                    『千代田芸術祭2011 アンデパンダン3331展』



                    日程: 2011年09月03日(土)〜2011年09月19日(月・祝)
                     

                    時間: 展示部門「3331 アンデパンダン」開場時間12:00-19:00
                    備考: 最終日9月19日(月・祝)は18:00まで*その他部門は後日詳細を発表いたします。
                    休み: 火曜日
                    料金: 入場無料
                    会場: 1F メインギャラリー、1F コミュニティスペース、屋上ほか

                    3331 アンデパンダンが大きくなって再スタート!
                    誰でも参加できるオープンなフェスティバル「千代田芸術祭 2011」開催!
                    この度、水戸部七絵も「千代田芸術祭 2011 アンデパンダン展」に作品を出品します。

                    「千代田芸術祭 2011」では、広く市民に解放された芸術・創造の場を開放する目的ではじまった「3331 アンデパンダン」を1階のメインギャラリーで昨年に続き開催するとともに、新たに3331施設内の魅力を生かした “ ステージ ” と “ マーケット ” の2つの新しい企画も加わります。

                    お近くにお立ち寄りの際は、ぜひ御高覧ください。


                    f:id:sevenpicture:20110816225646j:image


                    会場:3331 Arts Chiyoda メインギャラリー、コミュニティスペース、屋上

                    料金:入場無料

                    備考:最終日9月19日(月・祝)は18:00まで
                    主催:3331 Arts Chiyoda

                    ◎オープニングパーティー
                    日程:9月3日(土) 18:00〜20:00
                    会場:1F コミュニティスペース
                    参加費:無料
                    *どなたでもご参加いただけますので、ご友人/知人お誘い合わせのうえ、お越し下さい。

                    公開講評会
                    時間に限りがありますので、短時間でのコメントになる場合もございます。一般のお客様も聴講可能です。
                    講評方法については、8月10日頃までにお知らせ致します。


                    日程:2011年9月10日(土)、11日(日) 13:00-17:00
                    会場:1F メインギャラリー内
                    講評会ゲスト:
                    9月10日(土)
                    椹木野衣(美術評論)
                    立花文穂(アーティスト、グラフィックデザイナー)
                    中村政人(アーティスト、3331統括ディレクター)
                    八谷和彦(メディア・アーティスト)
                    9月11日(日)
                    五十嵐太郎(建築評論)
                    O JUN(画家)
                    佐藤直樹(デザイナー、3331デザインディレクター)
                    四方幸子(メディアアート・キュレーター)

                    参加者
                    前島恵美子、佐野友美、木村里志、木村 仁、鈴木伸吾、江袋有加里、小安幸子、本手保行、森岡晴彦、胗瀬はるか、郄谷映理子、二瓶翔太朗、山下幸高、利根章浩、水戸部七絵、光藤雄介、有馬かおる、栫 広武、西原東洋、handpoint、野崎浩平、kokuu、増田ぴろよ、中村行志、鈴木孝史、久保ひかる、前澤心太郎、長峰さくら、三井麻祐子、吉岡久美子、菅野裕子、柴山明子、竹内宏臣、小泉桂子、山田はるか、山本あや、蝦名貴徳、かぶりつき、片桐晃憲、向井淳二、高橋洋輔、村井宗一郎、タナカケンジ、マイケル・サムラー、園田昭彦、びりか、桂木英理佳、田島鉄也、ロードナイト、伊藤大作、上田 普、PAKURANE、ドレミの丘、本田優子、キイロ、東洋子、北 一浩、木之上勝、諏訪行俊、三木麻郁、東洋子、荻島香織、村田翔子、鈴木哲也、夏目悦子、ピュアソード・センター(清水裕之、功刀平、中込二郎)、小山なつみ、spellyourname、木原大輔、八木志基、aomana、yamagishi miho、シバミノル、高倉吉規、カヲル、kondaracing、つのだ☆こうすけ、尾形理子、きくちたかし、猪鼻秀一、現代芸術最終兵器研究所(ARPON) 、mari、Humzah Goolam、大友直子、佐野彩夏、篠田知哉、木森恵子、croto、きりりん、菊田美智代、千葉弘美、川俣知子、久我尚美、村山知里、渡辺 恵、尾形雅子、芽生夢、hiderino、森 裕貴、山乃モトキ、樋口昌美、猪原隆広、二宮美由紀、野口家親子、鈴木 圭、野辺ハヤト、川上秀行、藤倉聖也、宮井結美、山口博雅、丸子万葵、NY、橋本訓典、大庭彰恵、宇野明日佳、黒瀬ゆか、福島矢上、伊藤大朗、青木美帆香、木内さほり、Akane I、永畑智大、小川絵美、藤 啓介、長坂絵夢、益本絵美花、CUPY、小口菜緒実、ふかうらあき、下村香凛、福嶋裕香、久保貴寛、籠藤蕾、松尾祐介、川瀬知代、間芝勇輔、加藤祥子、新垣美奈、Hi!LEG、田村祐子、シュン、遠藤和希子、福澤貴之、狩野佑真、岡部由佳、川田 淳、三毛あんり、いけぶん、槙野さやか、関根昭一、三池克祐、川内理香子、上光 陽、川埜龍三、野澤裕子、Mizukai Haruka、遠藤友美恵、shina、橋村至星、happyunbirthday&403architecture、馬君馳(MaChunChih)、大森みず紀、昌克、絵空、藤岡亜希子、林 陽里、木田沙都紀Sonopuro-Nopuro、広瀬玲子、安 俊彦、櫻庭万里夢、大塚麻理恵、LLLine、ワタベテツヤ、盲目泥棒、力石哲郎、伊奈章之、土屋由貴、金子紗織、福岡陽子、はまださなえ、石川雷太、村田幹男、宮崎楽市、永吉秀和、タカマツノリオ、三浦 康、武藤江美奈FUKUSHIMAARTプロジェクト、佐塚真啓、Tako★MASARU、義村京子、東京工業大学国際開発サークルIDA、SAZI、キュンチョメ、あおひー、大森愛子、Cezan、恩田直、友成哲郎、樹山、ムーニーカネトシ、やまなしきみこ、Philip Colley、大塚勤、前るい、高橋法子、苔百虫ちろ、小野塚洪作、貝瀬恵実、飯嶋アイ、市原悠輔、shintarow、池田拓馬、toriorioかり、富永大士、ナカツカ、渡辺裕樹、城山萌々、そらみみ、吉田恭子、田森葉一、藤林悠、桃源、近藤 薫、三宅正裕、磯さくら、太田 遼、Queenie Rosita Law、なおりん、加藤 巧、竹尾りいさ、udanao、イノウエアユミ小松義幸、石田直之、本間美穂子、吉田 諒、浅浦見穂、mari hayakawa、トリウミヒラク、安永則代、樽川菜奈実、MadokA、Erina、POSUTO、遠藤麻衣、武井孝之、増田 純、久保田淳、熊猫空間、kuli-kuli KOBE、kuli-kuli TOKYO、冨安由真、新澤 望、佐々木まどか、小林陽介、西山直樹、中野良寿、江森明日佳、梶野史苗、種生芽実、水本隆朗、店橋弘晃、小林奈生、whice、佐藤仁美、林 祐里、岩田舞子、松原麻衣、杉村悠佳、杉岡みなみ、北山聖子、榎木陽子、U.N.I. 、GEN(Art unity「colorixxx」)、木村友紀、三日月、小林智春、布施くみこ、阿部彩葉子、澤田よしえ藤井愛子、たけくらさゆこ、メタポメ、井上弥奈美、唐杉庸平Kawasaki Masumi、中村友紀子、上坂優衣子、広瀬由季、久保萌菜、DJ無料、渡辺昌尭、吉岡知秋、Mitsuko、俊月、橋本浩子、Nozomi Kume、タナカケンジ


                    講評会ゲスト略歴
                    五十嵐太郎(いがらし・たろう)
                    1967年パリ生まれ。建築史・建築批評家。現在、東北大学教授。

                    O JUN(おう・じゅん)
                    1956年東京生まれ。画家。現在、東京藝術大学美術学部准教授。最近は展覧会の企画等も行う。

                    佐藤直樹(さとう・なおき)
                    東京生まれ。アートディレクター、ASYL(アジール)代表、多摩美術大学准教授。平面から空間まで多岐に渡り活動。

                    椹木野衣(さわらぎ・のい)
                    埼玉県秩父市出まれ。美術評論家、多摩美術大学教授。著書『日本・現代・美術』他。近刊に『反アート入門』がある。

                    四方幸子(しかた・ゆきこ)
                    京都府生まれ。メディアアート・キュレーター。東京造形大学特任教授、多摩美術大学客員教授。

                    立花文穂(たちばな・ふみお)
                    1968年広島生まれ。文字と紙、本を素材・テーマに作品を制作、発表。責任編集とデザインを手がける『球体』(現在5号準備中)や最新作品集『風下/立花文穂』がある。

                    中村政人(なかむら・まさと)
                    秋田県大館市生まれ。3331統括ディレクター、東京藝術大学准教授。様々なプロジェクトを進める社会派アーティスト。

                    八谷和彦(はちや・かずひこ)
                    佐賀県出身生まれ。(株)ペットワークス取締役/メディアアート作ったり、ソフトウェア作ったり、ガイガーカウンターミーティングを企画したりなど。


                    アクセス
                    〒101-0021
                    東京都千代田区外神田6丁目11-14
                    東京メトロ銀座線末広町駅
                    4番出口より徒歩1分
                    東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分
                    JR御徒町駅南口より徒歩7分
                    JR秋葉原駅電気街口より徒歩8分

                    千代田3331ホームページ
                    http://www.3331.jp/m/


                    ぜひ、御高覧ください

                    BLUMEN GARTEN

                    0
                      「BLUMEN GARTEN」


                      「マイコー・ジャクソン」 水戸部七絵

                      会期: 4/30(土)-5/28(土)
                      14:00-18:00
                      オープニングパーティー:4/30(土)18:00、日、月曜日休み
                      会場: LOOP HOLE
                      http://studioloophole.com
                      [出品作家]
                      高松太一郎
                      水戸部七絵
                      企画: 木村俊幸
                      [LOOP HOLE のアクセス]
                      新宿から京王線特急・準特急で20分!
                      京王線「府中」駅より徒歩4分
                      南口改札を出て右手に進み、つきあたりの出口から出ます。階段を降りるとケヤキ並木に出、その向かい側が当ギャラリーのある国際通りです。

                      << | 2/2PAGES |